いずっぱこ紀行(3)反射炉と三嶋大社

修善寺温泉郷から、修善寺駅に路線バスで戻ってきた。駿豆線のもうひとつの代表的観光地の韮山(にらやま)反射炉に行ってみよう。なお、最寄り駅は、韮山駅ではなく、隣駅の伊豆長岡駅になっている。13時41分発の上り三島行き列車に乗車し、15分ほどで、伊豆長岡駅に到着する。


(駅前でタクシーを待つ観光客。駅舎は、昭和61年に建て替えられた。)

(帰りの観光客で混雑する改札口前は、温泉観光駅の賑わいを見せる。)

伊豆長岡駅は、豆相(ずそう)鉄道初開業時の終着駅であった。今も、沿線一の大温泉の玄関駅になっており、修善寺駅と同じ位に乗降客が多く、土産物袋やカバンを携えた観光客でごった返している。また、昭和風の平屋建て駅ビル内には、伊豆箱根鉄道直営の土産店兼コンビニや駅蕎麦店もある。この駅蕎麦屋は、15時過ぎまでの短い営業時間であるが、たぬきそば330円、名物伊豆椎茸そば380円など、手頃な料金で生そばが食べられ、駿豆線を訪れる鉄道ファンに人気を博している。

駅前ロータリーの左手に、プレハブ建ての観光協会があるので、行き方を訪ねてみよう。駅から線路を渡った東に2km・徒歩20分程の山際にあり、少し待てば、運賃100円のコミュニティバスが来るらしい。帰りのバスは、広域循環バスのために時間ロスが大きく、行きはバス、帰りは徒歩が良いらしい。

20分ほどの待ち時間の間、隣の土産店の大きな看板につられて、蒸したての温泉まんじゅう(1個税込み60円)を買ってみる。「うちの饅頭を食べると、駅で売っている饅頭は買えないよ」との年配店主の豪談で、食べてみると、ふかふか柔らか生地に程よく甘い餡のハーモニーが、とても美味い。ちょっと、驚いた。「この地元老舗和菓子店の柳月(りゅうげつ)の温泉まんじゅうは、旅館の引き合いも多いよ」と、話してくれた。


(駅前土産店の満州屋。のんびりとした温泉土産屋の雰囲気が漂う。)

観光協会前に中型の路線バスが到着し、観光客三人を乗せて、山際に向かって走る。10分ほど乗ると、真新しい駐車場と大きな建物が見えてきて、韮山反射炉前に到着する。世界遺産に指定されてから、観光施設や駐車場などが大規模に整備されたらしく、団体観光客を乗せた観光バスもぞくぞくと入って来ている。

ガイダンスセンター見学と反射炉間近の見学と合わせ、有料施設になっており、出入り口を入った横の自動券売機で、入場券(大人300円)を購入する。見学者が非常に多くなると、駐車場の誘導員、トイレやゴミ処理などの環境整備維持が必要になるので、有料化は致し方なかろう。

ガイダンスセンターでは、大画面の立体映像を使って、歴史や大砲の製造法をわかりやすく解説している。大砲の砲身ができた後、水車の力を借りて砲身をくり抜くのに、一門あたり約二週間かかったらしい。上映が終わった後に、順路を通って、反射炉近くに行ける。


(真新しいガイダンスセンターと反射炉。)

反射炉とは、耐熱煉瓦でできた金属溶解炉で、熱を反射させて約1,300度の高温になる工夫がしてあり、ここは、江戸時代幕末の大砲製造のために造られた兵器工場跡である。天保11年(1840年)のアヘン戦争以降、西洋列強の軍事力に恐れをなした幕府は、巨額の資金を投入して、海防に詳しい幕臣の江川英龍(えがわひでたつ)らに命じ、蘭学技術書(オランダの技術書)を参考に反射炉と大砲製造工場を建てた。なお、韮山は江戸幕府直轄の反射炉で、先進的であった九州の佐賀藩や薩摩藩などでも建設され、佐賀藩の技術協力もあった。

当初は、下田に建設していたが、アメリカ・ペリー艦隊の水兵が偵察潜入したため、江川英龍が代官をしていた、この内陸部の韮山に急遽移された。難工事と技術的困難を克服し、安政4年(1857年)に、高さ15.7mの二連四炉の反射炉ができ、鉄製18ポンドカノン砲(※)や青銅砲を製造して、東京の品川台場(今のお台場)に据え付けられている。なお、反射炉の周りに多くの建物があったが、今は反射炉のみが残り、国内で現存するのは、ここだけと言われている。しかし、稼働期間は短く、元治元年(1864年)まで稼働し、後の明治政府陸軍省に移管した(※)。


(韮山反射炉。鉄帯は明治時代の耐震工事の際、取り付けられた。)

(後背地の茶畑の丘から、反射炉と富士山が見える。)

江戸幕府の小さな大砲製造工場跡は、日本の近代的洋式製鉄の重要な史跡であり、今の日本の重工業の基点と感じる。なお、煉瓦造りの煙突は、竣工当初は、漆喰塗りの美しい白亜の煙突であった。

時刻は15時40分前。韮山反射炉の見学を終え、伊豆長岡駅に徒歩で戻ってきた。冬陽も斜めになってきているが、最後に三嶋大社に参拝して、帰ることにしよう。上り三島行き列車で、最寄り駅の三島田町駅まで乗車する。

この三島田町駅は、駿豆線の歴史が始まった記念すべき駅で、初開業当時の起点駅である。屋根の高い大きなコンクリート造りの昭和中期風の駅になっており、駅舎側単式ホームと島式ホームのある列車交換可能駅で、特急踊り子号も停車する。


(三島田町駅下り1番線ホームと改札口。)

改札口を出て、駅前ロータリーから右に250mほど行くと、旧下田街道の小さな交差点に出る。ここを左に曲がった先に三嶋大社があり、この下田街道自体が参道であるが、商店街は大分廃れている。途中には、音声付きのからくり水人形や国登録有形文化財・大正末期の看板建築のムラカミ屋があり、目を引く。また、住宅や商店が多く、意外に感じないが、この周辺は神社や寺院が集まるエリアになっている。


(からくり人形「つるべっ子」。近寄ると、音声付きで、水を汲み上げる。)

(ムラカミ屋。緑青色をした銅板張りの看板建築が目立つ。)

寂れた商店街を290m程北に歩くと、三嶋大社の大鳥居前に到着する。この交差点付近は、土産店や飲食店が集まり、観光客も多いので活気がある。通ってきた参道よりも、三島広小路駅から、この東西の目抜き通りを歩いて来る参拝者が多いらしい。


(三嶋大社の大鳥居。この鳥居の前が、下田街道の起点になっている。)

境内はとても広く、大きな神池内の厳島(いつくしま)神社や立派な宝物館もある。内垣の神門を潜ると、広い砂利敷きの中央に四方ガラス張りの舞殿(神楽殿)があり、その真後ろに御殿(ごてん/三嶋大社では、本殿・幣殿・拝殿)が鎮座している。

江戸末期に起きた東海地震で倒壊したため、慶応2年(1866年)に再建された総欅素木造り(そうけやきしらきづくり)の豪勢な造りで、力強い彫刻が施されている。高さ16mの古式神社建築として、東海一の威容を誇った。再建には、約1万6千両(現在の16億円位)の巨費を投じ、関東一(京から見て、関ヶ原の東の意)と言われていたそうで、今も、三島のランドマークになっている。


(三嶋大社御殿。平成12年には、国重要文化財に指定されている。)

創祀の時期は不明であるが、奈良時代や平安時代の書物にも、記録が残っている。御祭神は、大山祇命(おおやまつみのみこと/山の神。三島では海の神にもなっている)と、積羽八重事代主神(つみはやえことしろぬしのかみ/宣託神。恵比寿と同一とされ、海の神でもある)で、この二神を一体として、東海一と言われる神格の「三嶋大明神(三嶋神)」とし、三島の地名の由来にもなっている。

中世以降は、鎌倉幕府成立前に伊豆蛭ヶ島(ひるがしま)に流されていた源頼朝などの武家の信仰が厚く、伊豆国の一の宮となっている。明治になると、同県富士宮の富士山本宮浅間(せんげん)大社と同じ官幣大社(かんぺいたいしゃ)となり、現在も、国宝や重要文化財を擁する地元の大社として、参拝者が絶えない。また、御祭神を乗せて、箱根山に毎朝駆け上がると言われる、実物大の神馬の彫刻がある神馬舎や、源頼朝と妻・北条政子が座ったと伝わる、腰掛石も見どころになっている。


(腰掛石。平家追討祈願の百日参りの際、左は頼朝、右は政子が腰掛けた。)

日没となり、大分薄暗くなってきた。大鳥居前の交差点角に、山本食品のコロッケスタンドが建っている。実は、三島では、コロッケで町おこしを行っている。参拝者が引き上げる夕方なので、普通のコロッケしか無いが、それで良く、1枚注文する。なお、山本食品の本業は、明治38年創業のわさび漬け製造会社である。

地元産の三嶋メークインを使った昔ながらのコロッケで、三島市商工観光課みしまコロッケの会事務局が認定し、普通のコロッケの他、各店に創作メニューも任せているらしい。食べてみると、外はカリッと、中はホクホクの柔らかい、やさしい自然な風味のコロッケである。なお、三嶋大社の名物としては、境内参道横の「福太郎の草餅」が有名であるが、本日の営業は終了していた。次回は、それも食べてみたい。


(山本食品の三島コロッケ。1枚税込み130円。)

三島駅まで1km程度しかなく、徒歩で行ける距離なので、歩くことにしよう。道端の観光道標に従って、暗くなった大きな水路の歩道を歩くと、途中に親水公園も整備されている。この三島には、親水公園、用水路や水にまつわる社などが沢山あり、水の町を実感できる。なお、三島駅南にも、楽寿園という大きな親水公園がある。


(用水路横を歩いて行く。水量も多く、たぷたぷと流れる。※高感度開放F撮影。)

この親水公園を過ぎて、居酒屋などの飲食店が立ち並ぶ繁華街を抜けると、三島駅に到着する。帰りの夕食は駅弁にしようかと思い、JR改札口横の桃中軒(とうちゅうけん)の売店に立ち寄ってみる。中年の男性店員に聞くと、あいにく、全品売り切れと言う。「新幹線ホームの売店には、まだ残っているよ」と教えて貰い、新幹線ホーム入場券(140円)を購入し、待合ロビー内の駅弁販売所で無事に入手した後、在来線の上り熱海行き列車に乗車する。

15分程で、JR東海とJR東日本のジャンクションの熱海駅に到着。帰りも、熱海からグリーン車に乗り、入手した駅弁を楽しもう。今回は、一般的な幕の内弁当で、弁当名も「御弁当」とシンプルである。

桃中軒は明治24年(1891年)に沼津駅で開業した老舗調整所(駅弁業者)で、この三島駅でも販売を行い、沼津駅や御殿場線内では駅蕎麦店も経営している。明治末期から販売している鯛めし(760円)が代表的な駅弁であるが、新幹線売店でも売り切れており、売店の中年女性に国鉄時代由縁のものとして、紹介してもらった。

なお、明治末期から大正時代初期から、幕の内弁当は販売されていたらしい。現在の幕の内弁当は、平成16年(2004年)の御殿場線開通70周年・丹那トンネル開通70周年にあたり、昭和43年(1968年)頃のメニューを再現したそうで、容器も経木(きょうぎ)の折箱に戻したらしい。逆さ富士の掛け紙もレトロで、イベント時には限定掛け紙に変えられたりしている。

右側の「明るい車内」の標語も、国鉄時代らしく感じる。昔の掛け紙には、「(駅弁の)空箱を車窓から捨てないで下さい」などの注意書きもよく見られた。窓の開かない車両が多く、普通列車内で食べる雰囲気の無くなった今は、殆ど見かけなくなっている。


(桃中軒「御弁当(幕の内)」、税込み780円。)

薄い経木の蓋を取ると、オーソドックスな昔懐かしい幕の内で、七種の具と日の丸俵飯を詰めてある。特に、地元和牛・愛鷹(あしたか)牛の旨煮と筍の旨煮、鯖照焼き、わさび漬けが美味しい。粘りのある俵飯は、老舗タムラ食品のわさび漬け載せると、更に楽しめる。容器も昔ながらの経木(ひのき)を使い、香りがとても良いのと、飯が乾燥しにくいのが良い。国鉄時代を思い出させる、幕の内駅弁になっている。


(見かけによらず、量がある。玉子焼き・魚・蒲鉾は、駅弁の三つの神器。)

今旅では、沿線観光がメインになってしまったが、次回は駅巡りもしてみたい。上野駅まで、まだ1時間以上もかかる。ゆったりとリクライニングシートで休みながら、帰るとしよう。

(おわり/伊豆箱根鉄道駿豆線ダイジェスト版)


(※カノン砲)
比較的低い弾道で、遠距離の目標を攻撃できる大砲。18ポンド級は、重さ2.5トン、射程2,500m程。
(※反射炉と世界遺産)
日本に反射炉が建設された時点で、ヨーロッパでは、150年前の旧技術の金属溶解炉であった。すぐ後に高炉が使われるようになり、反射炉の歴史は短かった。この歴史の短さと現存する反射炉が世界的に少ないことから、世界遺産に指定されている。

【参考資料】
現地観光案内板・解説板
いずっぱこ沿線旅ノすすめ -駿豆線・大雄山線-(伊豆箱根鉄道発行)
韮山反射炉見学者用パンフレット(伊豆の国市教育委員会文化財課発行)
週刊歴史でめぐる鉄道全路線「公営鉄道私鉄09」伊豆箱根鉄道ほか
(朝日新聞出版刊・2013年)
桃中軒広報窓口(駅弁の歴史について)

【取材日】平成29年(2017年)1月29日(日)
【カメラ】RICOH GRII

2017年7月11日 FC2ブログから保存
2017年7月20日 文章修正・校正

© 2017 hmd all rights reserved.
文章や画像の転載・複製・引用・リンク・二次利用(リライトを含む)や商業利用等は固くお断り致します。