大洗鹿島線紀行(1)水戸へ

さて、平成29年(2017年)のゴールデンウィークである。皆一斉に休みになり、大混雑するので、期間中はどこにも行かないと決め込んでいたが、家にいるのも酷く退屈になってきて、急に思い立った様に近場に出かけることにした。

最近、あまり行ってない地方ローカル線で、関東近県であることを条件に検討した結果、茨城県中部・水戸近隣のひたちなか海浜鉄道への1泊2日の取材に出かけたのである。今、2日目の夜19時過ぎ、本社・中核駅である那珂湊(なかみなと)駅にいるところである。

今日中に東京へ帰る予定であったが、気分が良く、明日の天気も引き続き良いそうなので、某路線バスの旅番組よろしく、昨晩泊まった勝田駅前のビジネスホテルに延泊をお願いして、明日ゆっくり帰ることに決定した。なお、ひたちなか海浜鉄道については、後日の長編記事にて、詳しく紹介しようと思う。

翌朝の5月4日、ゴールデンウィーク後半連休の二日目である。今日は本取材ではないこともあり、少しばかりゆっくりと、7時過ぎに起床。素泊まりなので、朝食は駅で取るつもりである。その後、水戸駅に向かおう。時々晴れの天気予報で、気温も20度近く上がるらしい。

ホテルをチェックアウトし、徒歩3分ほどで、勝田駅東口に到着。改札口のある二階コンコースに、エスカレーターで上がる。国営ひたちなか海浜公園のネモフィラの丘が満開なので、この朝の早い時刻でも観光客が非常に多く、駅も公園への直通バスのりばも混雑している。また、東京方面へ観光に出かける感じの地元の人も多い。


(JR勝田駅東口。明治43年に開業した古い駅で、1日1万人以上の乗降客がある。)

電車に乗る前に、朝食を取っておこう。常磐線上野方面上り2番線ホームの日立寄り橋下に、小さな駅蕎麦屋がある。一見、普通の駅蕎麦屋であるが、とても蕎麦の味が濃く、旨い。昔から、勝田駅に下車した時は、必ず寄っている。昼までの腹持ちを考えて、天ぷら蕎麦を注文。つゆも濃い目であるのは、常陸(ひたち)風なのであろう。


(勝田駅上り2番線ホームの駅蕎麦屋。店内は仕切られており、駅前ロータリー側からも利用できる。)

(天ぷらそば。税込み430円。不思議に、一度食べると、忘れられない。)

++++++++++++++++++++
勝田0759======0805水戸
JR常磐線・上り532M水戸行(10両編成)
※時刻はダイヤ通り、約2分遅れで運行。
++++++++++++++++++++

美味しい蕎麦を食べ終わり、そのままホームで待っていると、7時59分発の普通水戸行き列車がやって来る。水戸駅は隣駅になり、路線キロ5.8km・6分程度の乗車で、2分ほどダイヤが遅れているらしい。10両編成の乗客は少なく、シートに疎らに座っている程度の乗車率で、今日は祝日の休校日であるが、部活動の自主練習に行くらしい高校生達も結構乗っている。


(2分遅れで、水戸駅3番線に到着する。列車は、折り返しのいわき行きとなる。)

朝8時7分、水戸駅3番線に少し遅れて到着。一度、改札を出てみよう。この水戸は、那珂川(なかがわ)河口から10km遡った河岸段丘南岸にある大きな街で、茨城県の県庁所在地として、また、徳川御三家のひとつの水戸藩が置かれた歴史ある街になっている。交通や物資の集積地としても、古くから栄え、国鉄時代は常磐線要の水戸機関区も置かれており、常磐線、水郡線、水戸線(友部から乗り入れ)と鹿島臨海鉄道(大洗鹿島線)の乗り換え駅になっている。


(水戸駅改札口。)

(上野方の水戸機関区跡。側面に流星マークのある、「星釜」の国鉄EF81形電気機関車が留置されていた。)

水戸といえば、一般的には、光圀公(みつくにこう)こと、「黄門様」や「梅」が有名であろう。市内には、梅の名所として名高い偕楽園(かいらくえん)や水戸城の外堀であった千波湖(せんばこ)、水戸藩由来の史跡などがあり、歴史散策観光も楽しめる街である。丁度、こいのぼりまつりを開催しているそうで、運動会の様に鯉のぼりが連なって、風に泳いでいる。

水戸駅は大きな駅ビルになっており、水戸城址・旧市街地側の北口に出ると、そのまま空中歩道になっている。右手には、おなじみの黄門様と助さん格さんの銅像もあり、記念撮影にもってこいである。また、大きなバスターミナルが下にあり、水戸市内や内陸部への路線バスが沢山発着している。


(水戸駅北口と駅ビルのエクセル。)

(水戸黄門と助さん格さんの銅像。)

(デッキ下のバスターミナルと駅前。白バスは茨城交通、青バスは関東鉄道である。)

今日は、この水戸から、太平洋側の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗って、鹿島神宮、佐原と成田を経由し、東京に帰ろうと思う。できれば、途中下車観光もしたい。この鹿島大洗線は、茨城県南部の太平洋側にある大洗、鉾田(ほこた)を経由し、鹿島まで南下する単線非電化のローカル線で、那珂湊対岸の大きな港町・大洗と水戸を結ぶ連絡線にもなっている。

ちなみに、那珂川(なかがわ)河口付近まで、左岸にひたちなか海浜鉄道、右岸に大荒鹿島線が那珂川を挟んで並走するのも、ローカル線として珍しいかもしれない。大体は、片岸だけである。これは、那珂湊と大洗の位置関係やお互いの町の歴史、鉄道敷設の歴史も絡んでいる。この点については、ひたちなか海浜鉄道編にて、詳しく解説したいと思う。


(グーグルマップ・水戸駅から鹿島神宮駅へ。)

JRの自動切符売り場に戻ると、鹿島臨海鉄道の普通運賃案内と駅発車時刻表以外はなく、改札詰所の若い男性駅員氏に訪ねても、鹿島臨海鉄道の1日フリーきっぷは、70歳以上のシルバー向けのもの以外はないという。一旦、途中下車観光は諦め、鹿島神宮までの通しの切符(大人1,570円)を自動券売機で買い求めたが、改札を通り、ホームに向かっていた所、あの「ときわ路パス」があるのを思い出した。

急いで改札口に戻り、事情を話すと、みどりの窓口で切符を交換してくれるそうなので、助かった。みどりの窓口の若い窓口嬢が、「逆に運賃が高くなりますよ」と、わざわざ気遣ってくれたが、「途中下車観光をしながら、乗り降りしますから」と伝えると、なるほどと安心した様子で、切符の差額を追金し、無事に発券して貰った。また、前日夜に、鹿島神宮から東京への片道乗車券を勝田駅で購入していたので、フリー区間の終端駅の潮来(いたこ)から東京への片道乗車券に乗車変更して貰う。なお、乗車変更(区間変更・行き先の変更)とは、JRの旅客営業規則第248条に明記されており、使用開始前の切符を1回に限り、無料で同種の切符に変更できる制度で、差額は精算となる。2回目からは、払い戻し手数料が必要となり、切符の買い直しが必要になる。

この「ときわ路パス」(大人2,150円)は、JR東日本の企画切符で、通年発売ではなく、春と秋の二回の期間限定発売・土休日利用限定となっている。茨城県内のJR線と関東鉄道、ひたちなか海浜鉄道、真岡鉄道、鹿島臨海鉄道の普通列車・普通列車自由席が1日乗り放題(特急券・グリーン券も併用可能)になり、真岡鉄道や鹿島臨海鉄道は自社発行の1日フリーきっぷがないので、同線訪問時にとても重宝する。なお、フリーエリア内のみの発売なので、東京方面から利用の場合、一度、取手駅で下車をする必要がある。これで、途中下車観光も気兼ねなくできるので、ひと安心である。


(ときわ路パスと乗車変更した片道乗車券。)

大洗鹿島線は水戸駅の一番南側、8番線からの発車である。エスカレーターで降りると、8時46発の大洗行き列車二両編成が既に入線し、アイドリングをしている。

大洗鹿島線は全線非電化のため、気動車(ディーゼルカー)での運行になっている。この真新しい8000形気動車は、昭和60年(1985年)の開業時に導入された6000形の老朽化により、平成28年(2016年)から順次導入されているそうで、330馬力ディーゼルエンジン、20m車体、自重33.5t、最高速度95km/h、電気指令式ブレーキ、オールロングシートの新潟トランシス製軽快気動車(※)である。内装は電車風になっており、三扉車であるのも特徴で、両端は幅広の片開き扉、中央は幅狭の両開き扉と変則であるのが面白く、水戸から大洗間の通勤通学客が多いためであろう。また、空気ばねで乗り心地が改善し、車内の床も低くなり、冷暖房も良くなっている。

特徴のある外装カラーリングは、大洗鹿島線の新しい標準車体色になっており、下部のクリームは砂浜と大地、上部の濃いブルーは鹿島灘の海と空、車端部の斜行もある赤ラインは、地域の支持と発展を表現しているとのこと。この斜行は、6000形のアイデンティティを受け継ぎ、大洗鹿島線らしさを感じる。


(鹿島臨海鉄道8000形気動車。最近のトランシス製軽快気動車の標準的デザインである。)

ホームにある駅時刻表を見ると、平日・土日祝日共通で毎時1-3本で、半分は大洗止まりになる。最終列車は、終点の鹿島神宮行きが21時台後半、途中の新鉾田行きが22時台、大洗行きが23時台まで。ワンマン運転を実施しているが、混雑する時間帯は車掌が乗務しており、行き先は関係ないらしい。なお、隣の7番線は、常磐線上り上野方面の特急専用ホームになっている。


(ホームの駅時刻表。)

ここで、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の歴史について、簡単に触れておこう。国内の地方鉄道の殆どが、明治中期から大正期にかけて開業しているのと比べ、戦後の昭和60年(1985年)開業と、大変、新しい鉄道になっている。元々は、大正後期の国の鉄道計画に依って、水戸から鹿島までの太平洋沿岸の縦断鉄道が、計画されたのが発端である。この地域は、太平洋の鹿島灘に面した長い海岸線があるが、内陸部に入ると、北浦や霞ヶ浦の大きな浦や低山帯があり、陸上交通の大きな障壁になっていた。

結局、戦前は、この縦断鉄道計画が立てられたのみで、特に進展はなかった。戦後高度成長期の昭和30年の終わりになって、鹿島臨海工業地帯の建設が始まると、国鉄・茨城県・進出企業の共同出資により、原料や製品を運ぶための貨物専用鉄道として実現した。当初は、北鹿島(現・鹿島サッカースタジアム)から、鹿島臨海工業地帯内への貨物専用線のみであったが、国鉄の経営問題から、日本鉄道建設公団が建設していた、水戸から北鹿島間の路線も受け継ぐことになった。その経緯のためか、水戸が起点駅となっているが、社名に水戸由来の地名が含まれていない。現在も、第三セクターの鉄道会社として、鹿島臨海工業地帯内の貨物専用線・鹿島臨海線(19.2km)と、南北縦断の旅客線・水戸から鹿島サッカースタジアム間の大洗鹿島線(53.0km)の二路線を営業している。

◆略史◆

大正11年(1922年)
水戸から鹿島間が予定線となる。
昭和44年(1969年)
国鉄・茨城県・進出企業の出資により、第三セクター鉄道・鹿島臨海鉄道を設立。
昭和45年(1970年)
貨物専用の鹿島臨海線(北鹿島〜奥野谷浜間/鹿島臨海工業地帯内)が開業。
昭和46年(1971年)
第二期区間として、鹿島新線(水戸〜北鹿島間/現・大洗鹿島線)が着工。
昭和59年(1984年)
国鉄と茨城県が、鹿島新線の経営を鹿島臨海鉄道が行うと合意。
昭和60年(1985年)
大洗鹿島線(水戸〜北鹿島(現・鹿島サッカースタジアム)間)が開業。

乗客は意外に多く、2両編成のロングシートは、ほぼ埋まっている。
そろそろ、発車時刻である。

(つづく)


(※軽快気動車)
旧来の国鉄形気動車と比較して、軽量車体やハイパワーエンジンを採用し、性能を大幅に向上させた新世代の気動車のこと。

【参考資料】
週間歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄 No.15 鹿島臨海鉄道ほか
(朝日新聞出版・2013年)

2017年7月15日 FC2ブログから保存・文章修正(濁点抑制)・校正

© 2017 hmd all rights reserved.
文章や画像の転載・複製・引用・リンク・二次利用(リライトを含む)や商業利用等は固くお断り致します。